株式会社北日本重量

株式会社北日本重量

3D Business3D事業部

命を守る3Dプロジェクト

当社では社員全員にノートPCを支給、工事に直接あたる社員が図面や3Dスキャンデータ等を基に3Dcadソフトを使用して3D施工計画書を作成します。
作業を事前に可視化することで危険の芽を摘み取るとともに関係者全員が一目で工事内容を把握し、すぐに意見を交換することが可能となりました。
またステージや門型等の仮設機材や超大型用移動装置のアタッチメント等の強度の目安として3Dソフトによる構造解析を行っています。
当社では、これら3次元化の利点をフル活用した安全対策の構築を目的とした『命を守る3Dプロジェクト』を立ち上げ社員全員で取り組んでいます。



安全のベースは3次元化から

当社の新しい取組みとして3Dスキャニングによる現地調査を行い、取得(リアリティキャプチャー)した3次元データを施工計画のベースや工法検討の資料として活用を始めています。
従来の現地調査で多発した見落しや計測ミスなどによる再調査が不要となり、またフルスキャンすることで追加工事の検討などもPC上で行うことができます。
当社では今後の安全対策に大きく貢献する部分として重要視し、短時間で点群データを取得できる高性能機材を取り揃えています。


当社所有の3Dレーザースキャナー

中長距離用レーザースキャナRTC360

中距離用レーザースキャナBLK360

ハンディ型レーザースキャナArtec Leo


これらのレーザースキャナで施設をフルスキャンすることで、現場に出向くことなくいつでも何度でも現地の確認をすることが可能です。
機器寸法や離隔距離等もスキャンデータから計測することが可能となり、急な施工内容の変更時も即時対応が可能に。


主要使用ソフト

Autodesk社 製品各種

3D Systems社 GeomagicDesignX

LeicaGeosystems社 CycloneREGISTER360

当社所有の3Dプリンター

KEYENCE社 Agilista3200

FLASHFORGE社 GuiderⅡ



<< 前のページに戻る